しゃちく日記

主にトレーディングカードゲーム(DM、VG、WSなど)に関しているブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産もの

えと・・・なんだか名前を置いていくそうです。
これは東方弾幕風でネタに困っている皆様に向けてスペル発案を願う意味を込めての名前だそうです。名前から弾幕が生まれるということで・・・。

もろに例の人向けですが何、気にしないでくさい。


妖夢向け

・月界剣「地上永夜返し」

・魂魄「一子一伝の剣」

みすちー向け

・童謡「チャイルド・コーラスマスター」

・民謡「コンテンポラリーネイション」

・鎮魂歌「リトル・レクイエム」

慧音向け

・近代史「東と西の冷たい戦」

・GHQ「マッカーサー・クライシス」

・天下「徳川が愛した関ヶ原」

・異伝「カサノヴァの色欲日記」



ネタに困ったときにどうぞ~。どれも使うのが悩みそうなのですけどね。色んな意味で。
キャラの指定が無かったもんですから、指定したいキャラがあればどうぞ。ネタなんかほとんど無尽蔵らしいですから。
スポンサーサイト

東方風神録魔理沙B攻略~STAGE1

これは東方風神録を攻略する記事です。
弾幕アレルギーの方は閲覧を控えたほうがよろしいですよ?

というわけでSTAGE1の攻略をしたいと思います。
まだまだ序盤ですので、ここで1機死ぬと後々がつらいのでノーミスクリアを目指しましょう。
張り付きを基本に、パワー3維持でやっていきます。

注:この攻略はレザマリのバグ?を使用した攻略となっております。その為、ボスの攻略はあまりできず、文体でのみの攻略となりますのでご了承下さい。

th000.JPG

まずは左下で待機。妖精編隊が左から右へと出てくるが、まだ撃たず、最初の妖精が撃ったら撃ち返し、横へと移動しましょう。

th001.JPG

タイトルが始まる合図と音楽の合図に合わせ、次の編隊が来る前にアイテムを取りましょう。
何故こうするのかというのは、後ほど説明したいと思います。


STAGE1  八百万の秋の神

th002.JPG

最初は左から来る妖精編隊を左から右へと逃げるように撃破。
右からも同様に来るので、同じ手順で撃破。
撃破したと同時にアイテム回収します。

th003.JPG

矢印のように移動しましょう。

th004.JPG

th007.JPG

番号通りに中型の妖精を倒したら、すぐさま右へ移動。
妖精ラッシュが来るので、右から左へと移動します。

アイテムも大量に落としますが、最低限での回収でいいです。それが原因で被弾でもしたら本末転倒です。

th006.JPG

切り返しも手段の一つです。慌てずに対処するのが第一歩。

中ボス 秋 静葉
<通常攻撃>
最初の攻撃は自機依存のはずです。動かなければ当たりません。
その後、全方位ばら撒き弾は、隙間に入るように。小さいので見にくいでしょうが、ボムしても問題ありません。

<葉符「狂いの落葉」>

th008.JPG

th009.JPG

最初のスペルカードです。hardとなんら変わりません。
ここで気をつけるべきなのは、あまり横へ移動し過ぎないこと。
ボスは自機に寄りながら移動するのですが、あまり横へ移動すると黄弾にぶつかる可能性があるためです。
また、ボスのすぐ近くに長く居座るのもポイントの一つです。
ちょうど黄色の円辺りを見ていれば大丈夫かと。

th010.JPG

道中後半。
2体の中妖精を撃破すると、妖精ラッシュも丁寧に撃破。中型妖精も撃破。
最後の真ん中→両端へと広がる妖精編隊は、どちらでもいいので、端の妖精を残しておいて、画面から離れそうなときに撃破→アイテム回収です。

その理由は左下にある「信仰ポイント」のことです。
このポイントは一定時間までに雑魚を倒すかアイテムを入手しないとポイントが下がる仕組みになっていて、ポイントはそのまま点アイテムの点数となるのです。
このゲームでの稼ぎ方はとにかくリズムです。いかにアイテム回収の時間を作るかが大きな稼ぎどころです。と思う。
下の画像のコレと書いてあるのが「信仰ポイント」ですね。

STAGE1ボス 秋 稔子
スペルカード枚数2

th011.JPG

通常攻撃その1
本来はボムを使わないのですが、レザマリの真骨頂であるパワー3を維持するために発動しております。
このゲームでは食らいボムシステムというのがあって、被弾しても数フレームの間にボムボタンを入力すればミスしない代わりにボムが発動するのがあります。
まあ狙うのはシビアですが、信仰ポイントが下がらないというオマケつき。
避けるならばこれらは時間差のある自機狙い弾ですので、ちょん避けしてればおkです。

<秋符「秋の空と乙女の心」>

th012.JPG

波のように迫る複数交差弾に自機狙いの3連中弾が組み合わさるもの。
まず、交差弾の安全地帯を把握し、そのつど、自機狙い弾を回避する必要があります。
この自機狙いが曲者で、安全地帯に入ったとしても、真ん中に居すぎると、ちょうど安全地帯全体が被弾する形になります。
安全地帯でも端っこによる形をしましょう。


通常攻撃その2
今度は全方位弾が斜めに迫って時間差自機狙い弾がくるもの。
ちょん避けしていれば問題ありません。
ただ、斜めに来るので、隙間に入る必要があるので、そこだけ気をつければ。

<豊作 「穀物神の約束」>

th013.JPG

ラストだけあってかなり難しい弾幕です。
米粒弾がランダム+全方位レーザー弾+ランダムレーザーという組み合わせ。
非常に厄介なのがランダムレーザー。
東方でのレーザーは最初は予告線(当たり判定なし)が現れ、数フレームした後、本当のレーザーが来るのです。
しかし、この弾幕のランダムレーザーは予告線から本当のレーザーまでの時間が極端に短く、軌道上に自機が居れば、すぐさま移動しないと被弾してしまうのです。

これといった対処方はありませんが、注意だけは怠らずに避けるしかありません。
幸いにも米粒弾は少ないので、とにかくレーザーを最優先で回避し、米粒弾を回避しましょう。

・・・と、スペルカードの攻略もある程度しましたが、レザマリなら瞬殺ですので問題ありません。
むしろ、高速を維持しなければいけないので、高速移動で回避する技術や、高速←→低速をチェンジできる程度の能力が要求されますw
長くなりましたがこれでSTAGE1の攻略を終了します。
次回はいつになるやら・・・。時間があればやっていきます。

東方永夜抄<「無何有浄化」>

ネタがそろそろ尽きてきました・・・。
というわけでここいらでルナティック級の難しさとも言えるスペルカードの攻略といきましょう。

<「無何有浄化」>

「むかうじょうか」と読みます。無何有というのは自然のままで何の作為もないことという意味。つまり自然のまま浄化するということらしい。有機発砲スチロール?

th016.JPG

き~も~け~ね~。(著作権イオシス様)
本編ステージ3のボスがEXステージの中ボスとして登場。
上白沢慧音が満月の夜に変身してワーハクタクになった姿。
ハクタクというのは偉い王様の前に現れて知識や知恵を授ける神獣・・・というもの。うろ覚えだけど。
そんな慧音は人間では知識を食べる程度の能力、今のようなワーハクタク時には歴史を創造する程度の能力を持つということだけど、攻略には一切関係なしw

th017.JPG

EXステージでのスペルカード<転生「一条戻り橋」>と同様に背後から自分に向けて弾を発射します。前よりも速度が速めなのが特徴。

th018.JPG

速めなので、無闇な縦移動は距離を一気に詰めます。なるべく横移動で隙間に入りましょう。

th019.JPG

序盤はとにかく敵に攻撃を撃ち込むのといつもとは違う画面の見方に慣れましょう。
慣れることが勝利への第一歩です。

th020.JPG

これでも難しいぐらいですが「一条戻り橋」のようにこれに自機狙い弾が加わります。

th022.JPG

今回の自機狙い弾は1、2,3,4と末広がりに高速で飛んできます。

th023.JPG

さらに前後の発射間隔が本当に短いです。ラグは1秒くらい?
これと背後の弾を避けるのは相当辛いです。

th024.JPG

弾が速いということはいきなり展開も状況も変わるということ。
反射神経と的確な逃げ道確保が要求されます。

th025.JPG

私の避け方としては左と右に分けること。
自機狙い弾自体が大きいので、2分割で分けて自機狙い弾が来たら横へずれるという形に。
その際、背後からの弾はなぞるように移動します。

th026.JPG

こういう場合、近い方を行きたくなりますが、自機狙い弾側へ行くと詰みます。
どんなに遠くても自機狙い弾から離れなければいけないので、最善の行動として高速移動もありえると考えてください。精密移動ができる結界組でも高速移動を余儀なくなれます。

th027.JPG

ここは最初の隙間をくぐる時は横移動のみで、2つ目の隙間を抜けるときには斜め移動しながら抜けるという具合で。

th028.JPG

ここはとにかく右へ抜けることに専念。

th029.JPG

ここは左(以下省略)。

th030.JPG

こういう風に2つの隙間が狭いこともあります。
低速移動で抜けるのが無理と判断したら高速移動で。

th031.JPG

こんな具合で。キーボード非推奨な動き。

th032.JPG

袋小路に捕まった場合はとにかく高速移動で間に合うように逃げましょう。
この弾幕ではこれが日常茶飯事のようなもの。

th034.JPG

長かった・・・。こいつには本当に苦労しました。
こいつも場合によっては低速移動が速い紅魔組もおすすめです。というか紅魔組はボス戦が本当に強いのでは。咲夜さんのショットやボムが貧弱すぎorz

長かった(というか自己満足的)東方攻略もこれで一区切りさせて頂きます。
永夜抄で最後に相応しいスペルカードといったら、これしかないでしょう!

NEXT(最終回)→「深弾幕結界 -夢幻泡影-」

東方永夜抄<「蓬莱の樹海」>

我ながら過密スケジュールみたいになりましたぜ・・・。
明日まさかの自動車無線教習とはww
そんなことは置いといて攻略始めますよ~。

<「蓬莱の樹海」>
「蓬莱の薬」と名前が似ていますが、全然内容が違います。スペル発動者も違うし。
ですが、恐らくこちらの方が数倍簡単です。

th000.JPG

えーりんや兎達が住む「永遠亭」のボスである蓬莱山輝夜です。(ほうらいさんかぐやと読む)
気付いている方もいますが、このキャラのモデルはどう見ても「かぐや姫」ですね。

th001.JPG

スペルカード発動を宣言すると上部へと移動します。
こちらも上部へと移動しましょう。

th002.JPG

すると、使い魔を5匹中央に固定します。この使い魔は攻撃しても破壊できません。
ここで使い魔のすぐ上を維持しましょう。

th003.JPG

本編の最後のスペルカード「蓬莱の珠の枝」同様に自機狙い弾を撃ちます。

th004.JPG

ただし、今回はぐるぐる回転しながら撃つので、最下段でのちょん避けは無理です。
というわけこちらもぐるぐる時計回りしましょう。

th005.JPG

ぐるぐるまわ~るぐるぐるまわ~る♪

th006.JPG

ここいらでちょっと外側に寄りましょう。
この後に次の段階へと進みます。

th007.JPG

全方位弾をばら撒きます。
この全方位弾は偶数ですから自機を反れる・・・というのは今は関係ありません。
自機狙いが来ているのですから、これをくぐらなければいけません。

th008.JPG

この弾幕の全容です。
タイミングを定めて全方位弾をくぐれば、自機狙い弾は自動的に避けれます。

th009.JPG

使い魔に近づきすぎないことと自機狙い弾の射出方向の変わり目に注意。

th011.JPG

th012.JPG

ひたすら回ります。相手が倒れるまで~。

th014.JPG

大体3週半くらいで・・・。

th017.JPG

撃破完了!お疲れ様でした。
今回のは比較的楽な部類なので、これを機に取得してみてはいかがでしょうか?
そろそろネタも少なくなってきたので最後らへんに難しいの持ってきますよ。


NEXT→「無何有浄化」

東方永夜抄<「季節外れのバタフライストーム」「天網蜘網捕蝶の法」>

この2つのスペルカードは他の弾幕よりもランダム要素が高いので一筋縄ではいかないものとなってます。
ですが、ある法則さえ発見すれば意外とすんなり取得できるものもあります。
その法則を隠すのはさすがZUN氏ですよ。

今回もっていうか毎回自機は結界組。今回は2つとも攻撃を撃ち込むスペルなので、攻撃力は無視できません。


<「季節外れのバタフライストーム」>

th000.JPG

1面のボスであるリグル・ナイトバグのスペルカードでも非常に凶悪な部類に入ります。

前文でも載せましたがここでは弾発射にある法則を発見することが勝利の鍵を握ることができるのです。
この弾幕は即ち「偶数弾である」というもの。

th001.JPG

リグルお約束の弾のばら撒き方。
決してぐるぐる回って避けようとは思わないようにw

th002.JPG

嵐の前の静けさというか前奏というか前菜というか序盤です。

th003.JPG

すると、いきなり全方位弾が高速で発射されます。
実はこれが「偶数弾」なんですよ。さあ弾の出ている方向を数えてみましょう!
私が数えたら24あったので間違いなく偶数です。つまり偶数弾。そのまんまやんけ。
STGにおいて偶数弾は必ず自機を避ける性質を持っているんです。
というわけ上の高速弾はそのままいれば絶対に当たりません・・・はず。
ただし、そのまま居るわけにもいきません。

th004.JPG

この様にランダム弾も回避しにゃいけないのです。

th005.JPG

あれ?よ~く見ると・・・。

th006.JPG

th007.JPG

実はこの攻略は一切の横移動(X移動とも)を封印しています。
縦移動だけでも取れるんです。こっちの方が楽です。
横移動だけだと、いずれ端にと追いやられるし、ショットが当たらなくなります。
縦移動なら多少は避けにくいでしょうが、ショットがまんべんなく当たり、速攻撃破を狙えます。
特に「季節外れのバタフライストーム」は耐久力が低い方なので四方八方避けるよりも速攻が有効です。

th008.JPG

というわけでわずか数十秒で撃破完了。
また、玄人な人では使い魔を固定できる紅魔組もおすすめです。

ではでは続きまして次のスペルカードをば。

<「天網蜘網捕蝶の法」>

「天文密葬法」と勘違いしてしまいまして申し訳ありませんm(__)m
えーりんのスペルカードって漢字が難しくて似たようなものが多いんですよ・・・。
はい、ここでもちょっとした法則があったりするんですよ。

th009.JPG

前攻略した「蓬莱の薬」は本編の最終ステージのラストスペルです。
ここでは新たなスペルカードとしてこの弾幕を使うのでした。

th010.JPG

ま、眩しい!
正に名の通り、天の網の如く蜘蛛の巣で蝶を捕獲する法。レーザーが画面を覆い尽くします。

th011.JPG

ここでの法則とは「最初に出るレーザーは自機狙い」ということ。
だからどうだってわけではありませんが、誘導することは可能のようです。

th012.JPG

むしろ気をつけるべきなのはレーザーに沿って発射される青小弾なんですよ。
これを避ける時には既にレーザーが展開中なわけですから、レーザーの中で回避するしかないのです。
だから、あらかじめ小弾が来ない場所でレーザーの当たらない場所を探すのが先決です。

th013.JPG

実はレーザーも細いので、かなり中を移動することができます。
あ、高速移動の魔理沙や妖夢だと絶対に無理なので素直にここは妖怪側に任せましょう。

th014.JPG

最初の自機狙いレーザーから段々と当たり判定を帯びます。

th015.JPG

ここもできるだけボスの真下を意識して速攻撃破を。

th016.JPG

実はこの画像でミスを犯しています。
自機の真上にちょうど小弾が迫って・・・。

th017.JPG

その前にボスの体力が尽きましたw
なんてラッキー。これは実は2回目に取れちゃったんですよ。
案外運も絡みますが、ここのレーザーは極端に当たり判定が小さいので動きやすいです。
というわけで諦めず是非チャレンジしてみてください。

今回はある法則を見つけたら楽になれるというものでした。
かなりごちゃごちゃに当てはめてみただけなので、もしかしたら違う視点もあるかもしれません。
そんなときもまずは初見の弾幕は観察し、どんな構造なのか考えるところから始まります。
失敗は成功のもととも言いますし。


NEXT→「蓬莱の樹海」

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。